10月のFTD新譜速報!

お待たせしました!10月のFTD新譜速報が届きましたので、さっそくお知らせします。

①FTD-CD『The Last Movies』 (1-CD)

image003_201709201937528ce.jpg

60年代最後の映画『殺し屋の烙印』、『トラブル・ウィズ・ガールズ』、『チェンジ・オブ・ハビット』より。この頃の映画は曲数自体が少なく、しかもアウトテイクもあまり現存しないということで、このような詰め合わせにするしかなかったのでしょう。唯一残っていた「Almost」は全テイクが収録されています。

01. Change Of Habit
02. Rubberneckin’
03. Let’s Be Friends
04. Have A Happy
05. Let Us Pray
06. Clean Up Your Own Back Yard
07. Almost
08. Charro
09. Let’s Forget About The Stars
10. Let’s Forget About The Stars (rough mix)*
11. Charro (rough mix)*
12. Clean Up Your Own Back Yard (undubbed master)
13. Almost (undubbed master)
14. Swing Down Sweet Chariot (movie version)
15. Swing Down Sweet Chariot (female vocals and brass overdub)
16. Signs Of The Zodiac (duet with Marlyn Mason)
17. College Songs Medley
(Far Above Cayuga’s Waters* / Boola Boola* / Dartmouth’s In
Town Again* / The Eyes Of Texas* / On, Wisconsin* /
The Whiffenpoof Song / Fair Harvard* / Notre Dame* / Violet)
18. Almost (takes 1-3*)
19. Almost (takes 4* & 6)
20. Almost (takes 10*-11)
21. Almost (take 13*)
22. Almost (takes 14-16*)
23. Almost (takes 22-25*)
24. Almost (takes 27-28*)
25. Almost (take 29*)
26. Let Us Pray (alternate vocal overdub)
27. Let Us Pray (M/vocal only)

* Previously unreleased



②FTD-CD『Elvis : Lake Tahoe ‘74』(2-CDs)

image005_20170920193754acb.png

1974年のレイク・タホ公演より、5月25日DSと5月26日DSを2枚のCDに収録。サウンドボード(モノラル)録音です。

【Disc 1】
<May 25, 1974 – Dinner show>

01. See See Rider (starts late)
02. I Got A Woman~Amen
03. Love Me
04. Trying To Get To You
05. All Shook Up
06. Love Me Tender
07. You Don’t Have To Say You Love Me
08. Johnny B. Goode
09. Hound Dog
10. Fever
11. Polk Salad Annie
12. Why Me Lord
13. Suspicious Minds
14. Introductions
15. I Can’t Stop Loving You
16. Help Me
17. An American Trilogy
18. Let Me Be There
19. I’ll Remember You
20. Big Boss Man
21. Heartbreak Hotel
22. Can’t Help Falling In Love
23. Closing Vamp

【Disc 2】
<May 26, 1974 Dinner show>

01. See See Rider (starts late)
02. I Got A Woman~Amen
03. Love Me
04. Trying To Get To You
05. All Shook Up
06. Love Me Tender
07. You Don’t Have To Say You Love Me
08. Hound Dog
09. Fever
10. Polk Salad Annie
11. Why Me Lord
12. You Gave Me A Mountain
13. Suspicious Minds
14. Introductions
15. I Can’t Stop Loving You
16. Help Me Make It Through The Night
17. Bridge Over Troubled Water
18. Let Me Be There
19. Big Boss Man
20. Can’t Help Falling In Love
21. Closing Vamp

All tracks recorded live at the High Sierra Room at the Sahara Tahoe Hotel, Stateline, Nevada



③FTDレコード『Roustabout』 (2-LPs Limited Edition)

image007_20170920193755752.jpg

7月にリリースされたFTD-CD『Roustabout』が早くもFTDレコードで登場です!

【Side 1】
01 Roustabout — NOV take 9 (movie version)
02 Little Egypt — AO take 15/M (record version)
03 Poison Ivy League — BO take 7/M
04 Hard Knocks — CO take 11/M (record version)
05 It’s A Wonderful World — DO take 13/M
06 Big Love Big Heartache — EO take 17/M
07 Roustabout — NOV takes 14-16
08 Roustabout — NOV take 17/M (record version)

【Side 2】
01 One Track Heart — FO take 5/M
02 It’s Carnival Time — HO take 2/HOV take 9/M (record version)
03 Carny Town — JO take 9/M
04 There’s A Brand New Day On The Horizon — KO take 5/M
05 Wheels On My Heels — LO take 7/M
06 Roustabout — NOV takes 1-5, 6
07 It’s A Wonderful World — DO take 17 (instrumental)

【Side 3】
01 I’m A Roustabout
02 Hard Knocks — COV take 4 (movie version)
03 Roustabout — NOV takes 7, 8
04 Little Egypt — revised, AO take 21 (part used for movie version)
05 It’s Carnival Time — (HO take 2/HOV take 12, movie version)
06 Roustabout — NOV takes 10-12
07 Roustabout — NOV take 13

【Side 4】 - The Mono Soundtrack Album
01 Roustabout
02 Little Egypt
03 Poison Ivy League
04 Hard Knocks
05 It’s A Wonderful World
06 Big Love Big Heartache
07 One Track Heart
08 It’s Carnival Time
09 Carny Town
10 There’s A Brand New Day On The Horizon
11 Wheels On My Heels



※3点ともご予約は10月5日で一応締め切らせていただきます。ご希望の方はお早目にアートえる通販へ→こちら

※前回大好評だったFTD写真集『Start Spreading The News - Elvis at Madison Square Garden』(book and CD)も再入荷します。予約受付中です!
book-start-spreading-the-news.jpg

※6/1より、郵便局の「ゆうメール」料金値上げに伴いましてレコードの送料を350円→450円に改定させていただきました。また10/1より、ヤマト宅急便の料金値上げに伴いまして、写真集等の送料も改定させていただきます。大変に申し訳ありませんが、何卒よろしくお願いいたします。

※Erik Lorentzen氏とKeith Alverson氏の新しい豪華写真集『Strictly Elvis 1973-75』、季刊写真誌『Elvis Files Magazine 20号』の入荷が大変に遅れています。ずっとErik氏と連絡が取れなかったのですが、先日ようやく取れました。すでに発送済みだそうです。ご予約下さった皆さま、大変に申し訳ありませんが今しばらくお待ちくださいませ。


Book-keith-Alverson-Elvis-1973-1975cv-.jpg 483c2bb2df887256403a1c6a6dd0d90e.jpg

※まだご注文は間に合います。アートえる通販へ→こちら




スポンサーサイト
19:43 | その他 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

国内盤『クリスマス・ウィズ・エルヴィス・アンド・ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団』11/29リリース!

アルバム『クリスマス・ウィズ・エルヴィス&ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団』国内盤のリリースが決定したようです。
通常盤は2017年10月6日発売(ただし輸入盤のみ)、デラックス・エディション:2017年11月24日発売(国内盤:2017年11月29日発売)とのことです。

**********************************************************************

<ソニー・ミュージックより>

2015年、生誕80年を記念したロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団との共演作第一弾『イフ・アイ・キャン・ドリーム』はアルバムチャート登場で1位を獲得した英国を始め、各国で大ヒット、世界で150万枚以上を売り上げ、昨年発売の第二弾『ワンダー・オブ・ユー』も英国で1位を獲得するなど、前作に続き、大ヒット。今尚人気が衰えていないこと証明してみせた。第三弾となる本作は『エルヴィス・クリスマス・アルバム』(1957年)と『初めてのクリスマス』(1971年)に収録されたエルヴィス・プレスリーの最も愛されたクリスマスシーズンのパフォーマンスを、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団の崇高かつ極上の新たなアレンジにより再構築。エルヴィスのドラマティックなオリジナルの歌声をより引き立てており、過去2作に勝るとも劣らない内容に仕上がっている。プロデューサー陣も過去2作を手がけたニック・パトリックとドン・リードマンが担当し、アビイ・ロードのスタジオ2でレコーディングが行われた。CD、LP、デジタル・フォーマットにて10月6日に発売される。また、エルヴィスのEP『谷間の静けさ』から、「谷間の静けさ」や「テイク・マイ・ハンド、プレシャス・ロード」など4つのゴスペル賛歌に新たにオーケストレーションを施したヴァージョンがボーナス・トラックとして収録されるデラックス・エディションが、CDおよびデジタルフォーマットにて11月24日に発売される。

「みなさんがこの新しいクリスマス・アルバムを楽しんでくださることを願っています」。本作のエクゼクティヴ・プロデューサー、プリシラ・プレスリーは、ライナーノーツにそう記している。「収録に選ばれた曲は、エルヴィスが特に気に入っていたものです。そして1年のこのとても特別な時期に、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団に再び彼に寄り添っていただくことがとてもふさわしく思えました。もし生前にこの機会があったなら彼はにっこりと笑い、間違いなくこのアルバムを作ったことだろうと確信を持っています。みなさんにメリー・クリスマス…」。

2017年のホリデイシーズンは、史上最高の売り上げを誇るホリデイアルバムである永遠の名作『エルヴィス・クリスマス・アルバム』の60周年記念でもある。エルヴィス一流の解釈による世俗的および神聖なホリデイ・シーズンの名曲は、世界中でクリスマスに不可欠な音の構成要素となっている。『エルヴィス・クリスマス・アルバム』は1957年から1958年にかけて4週間ビルボード200の1位となり、その後も何年もチャートの常連で居続けるとともに、300万枚以上を売り上げている。RCAからの再発盤は全米レコード協会(RIAA)によりダイヤモンド・ディスクに認定され、エルヴィスにとって1枚もののアルバムとしては最高の売り上げを記録し、史上最高の売り上げを誇るホリデイアルバムとなった。

『クリスマス・ウィズ・エルヴィス&ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団』の楽曲は2017年11月に行われる『エルヴィス・イン・コンサート』全英ツアーで演奏されることになる。このツアーは11月23日から30日の6日間にかけて、グラスゴー、リーズ、ニューカッスル、バーミンガム、マンチェスター、ロンドンで行われる。


Elvis-Christmas-Royal-Philharmonic-Orchestra-vinyl.jpg

【通常盤】 (輸入盤のみ)
<収録曲>
01.サンタが町に来る
02.ホワイト・クリスマス
03.サンタ・クロースがやって来る
04.メリー・クリスマス・ベイビー
05.ブルー・クリスマス
06.クリスマスは我が家で
07.ウィンター・ワンダーランド
08.サンタが彼女を連れて来る
09.シルヴァー・ベルズ
10.ベツレヘムの小さな町で
11.アデステ・フィデレス
12.ファースト・ノエル
13.きよしこの夜

170914_xmas_rpo_deluxe_700px.jpg

【デラックス・エディション】
<収録曲>
01.サンタが町に来る
02.ホワイト・クリスマス
03.サンタ・クロースがやって来る
04.メリー・クリスマス・ベイビー
05.ブルー・クリスマス
06.クリスマスは我が家で
07.ウィンター・ワンダーランド
08.サンタが彼女を連れて来る
09.シルヴァー・ベルズ
10.ベツレヘムの小さな町で
11.アデステ・フィデレス
12.ファースト・ノエル
13.きよしこの夜
14.谷間の静けさ
15.アイ・ビリーヴ
16.テイク・マイ・ハンド、プレシャス・ロード
17.イット・イズ・ノー・シークレット


※amazon.jpでも予約が始まりました→こちら

**********************************************************************

<Atsushiの独断と偏見による一言>

エルヴィス&ロイヤルフィルの第3弾はクリスマス&ゴスペルということで期待していたのですが、曲目を見て少しがっかり。50年代のクリスマス曲がメインになるのはしかたがないとしても、せめてデラックス版には地味な宗教歌4曲を加えるよりも、選曲から外れてしまった「雪降る聖夜」や「故郷のクリスマス」、「クリスマスに帰れたら」、「ひいらぎの葉とクリスマス・ツリー」あたりを入れてほしかったです。
50年代のクリスマス曲はヴォーカルだけ抜き出し不可能なので、伴奏ごとリミックスでモノラルからステレオにしなければならず、どうしても不自然な音像になります。追加曲4曲の中でも「谷間の静けさ」「イット・イズ・ノー・シークレット」はバイノーラル・ステレオ・マスターが残っているからよいものの、後の2曲はモノラルからのステレオ化となるはず。それを考えると、どうしてこの57年のイースター向けゴスペル4曲を入れなければならなかったのかがよく分かりません。
あと、「ファースト・ノエル」は2008年リリースの『Christmas Duets』でも完璧なオーケストラ・リアレンジがされていたので、今回はもうよかったのではないでしょうか。それだったら、1966年録音の佳曲「毎日がクリスマスなら」はマルチ録音されているのでヴォーカルだけ抜き出せるのに、今回どうして選曲されなかったのか不思議です。
最後に、日本語タイトルは以前のものと統一すべきですね。(「テイク・マイ・ハンド、プレシャス・ロード」→「主よ導き給え」、「ファースト・ノエル」→「初めてのクリスマス」)。
まあとにかく、音を聴いてみないと何とも言えないので、10/6のリリースを待ってからまたご報告したいと思います。





14:47 | その他 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

鈴木一彰さんがお亡くなりになりました

エルヴィス研究家でもある鈴木一彰さんが、8月18日にお亡くなりになりました。享年66歳でした。

鈴木さんは長年FCの運営、そして近年は年一回の生誕祭の開催と、エルヴィスに関することで精力的に活動されていました。「エルヴィスを夢見て」という本も執筆されました。また、サンマガの連載でも大変にお世話になりました。

514P95DZXV.jpg

近年になって、つくばに引っ越されてからは地元のカルチャー教室でエルヴィスに関する講座を担当されていたと聞いています。


※地元のカルチャー教室で「エルヴィス・プレスリー」講座を担当されていた頃の記事→こちら


個人的には、3年前に新橋でいっしょに飲んだのが最後となってしまいました。2年前に目の手術をされた時までは連絡が取れていたのですが、その後メールや電話が通じなくなり、心配していた矢先でした。心よりお悔やみ申し上げます。

tpc1502018a.jpg



14:48 | その他 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

ロイヤルフィルとの共演CD第3弾!

一昨年よりリリースされ、世界的なヒットを記録してきたエルヴィスとロイヤルフィルとの共演CDの第3弾がリリースされます!
今回はクリスマスもので、タイトルは『Christmas With Elvis and the Royal Philharmonic Orchestra』です。

Elvis-Christmas-Royal-Philharmonic-Orchestra-vinyl.jpg

お馴染みのエルヴィスのクリスマス曲が並んでいますが、今回は新しいオーケストラ・リアレンジが楽しみですね。
ただクリスマス曲は短い曲が多いので(特に50年代)、13曲入りだと少なすぎる気もするのですが…。
それと、個人的には「毎日がクリスマスなら」を入れてほしかったです。(今年亡くなったレッド・ウェストへの追悼も込めて)。
この新譜、ヨーロッパではもう10月6日にリリースが決まっているようですね。国内盤リリースはもう少し遅くなりそうです。

<曲目>

01. Santa Claus Is Back In Town
02. White Christmas
03. Here Comes Santa Claus (Right Down Santa Claus Lane)
04. Merry Christmas Baby
05. Blue Christmas
06. I'll Be Home For Christmas
07. Winter Wonderland
08. Santa Bring My Baby Back (To Me)
09. Silver Bells
10. Oh Little Town Of Bethlehem
11. O Come All Ye Faithful
12. The First Noel
13. Silent Night


※amazon.jpではまだ予約受付は始まっていません。始まったらお知らせします。

<追記9/11>どうやら「通常版」と「デラックス版」と2種類が存在するようです。10月発売の「通常版」は13曲、11月発売の「デラックス版」は17曲のようです。amazonで予約が始まったのは17曲入りの「デラックス版」(輸入盤)。→こちら


<デラックス版の追加曲>
14. (There’ll Be) Peace In The Valley (For Me)
15. I Believe
16. Take My Hand, Precious Lord
17. It Is No Secret (What God Can Do)


170914_xmas_rpo_deluxe_700px.jpg
 ▲「デラックス版」ジャケットはバックが赤


<追記9/16>10月6日リリースの「通常版」(輸入盤)の予約もamazonで始まりました。→こちら
<追記9/17>10月6日リリースのアナログLP版(輸入盤)の予約もamazonで始まりました。→こちら





08:49 | その他 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

今日から9月です!

残暑も一段落してやれやれと思っていたら、早いもので今日から9月です。
さて、アートえる通販では一点モノが好評です。お問い合わせいただいても売れ切れの場合が多く、大変にご迷惑をお掛けしております。現在は下の商品がお薦めです。


P1070136★小
●後期エルヴィスのCD7枚セット(2,500円)こちら

 ・『エルヴィス・オン・ステージ Vol.2』 (国内盤 開封済)
 ・『エルヴィス・オン・ステージ Vol.2 アップグレイド・ヴァージョン』(国内盤 開封済)
   ↑オリジナル盤に7曲の追加がされ、しかも新しいリミックス(この盤でしか聴けない)
    が施されています。既に廃盤に付き大変に貴重!
 ・『アフタヌーン・イン・ザ・ガーデン』(国内盤 開封済)
 ・『バック・イン・メンフィス』(国内盤 開封済)
 ・『エルヴィス・イン・メンフィス』(国内盤 開封済)
 ・『NBC TVスペシャル』(国内盤 開封済)
 ・『VIVA LAS VEGAS』(海外盤 開封済)



P1070138★小
●エルヴィスの劇映画DVD7枚セット(2,000円)こちら

 ・ 『やさしく愛して』(国内盤:未開封)
 ・ 『Harum Scarum』(US盤:開封済)
 ・ 『The Trouble with Girls』(US盤:開封済)
 ・ 『Double Trouble』(US盤:開封済)
 ・ 『Speedway』(US盤:開封済)
 ・ 『Spinout』(US盤:開封済)
 ・ 『It Happened At The World’s Fair』(US盤:開封済)

  ※US盤DVDはリージョンが違うため日本の家庭用DVDプレーヤーでは
  見ることが出来ない場合がありますが、PCなら試聴可能です。



※他にも貴重な写真集・単行本がたくさん! 「アートえる通販」:一点モノ→こちら


【お知らせ】

Erik Lorentzen氏とKeith Alverson氏の新しい豪華写真集『Strictly Elvis 1973-75』の出版が大幅に遅れています。それに伴い、季刊写真誌『Elvis Files Magazine 20号』の入荷も遅れています。ご予約下さった皆さま、すみませんが今しばらくお待ちくださいませ。


Book-keith-Alverson-Elvis-1973-1975cv-.jpg 483c2bb2df887256403a1c6a6dd0d90e.jpg

※ご注文はアートえる通販へ→こちら



20:59 | その他 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑